受付時間

接骨院と整形外科の違い

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 痛みがあるのに、どこの病院でも「異常はない」と言われる
  • ずっと痛みに耐えてきたが、そろそろ限界かもしれない・・・
  • 鎮痛剤を飲み続けて身体に影響がないか不安
  • 湿布薬は身体が冷えるのでけっこう辛い
  • 接骨院に行った経験がなく、いま一歩治療に踏み出せない

医療機関の根本にあるものとは?|長岡市 すがわら接骨院

交通事故後に病院や整形外科に行くと、レントゲン、MRIなどの検査に加えて、血液検査を受けることになります。そこで得られた結果をもとに治療を開始するのですが、もしそれらの検査によって異常が発見できない場合は、対処のしようがなく、治療が終了してしまうことも少なくありません。

「現に今、痛いのに異常がないというのは理解できない」「ヤブ医者じゃないのか?」などと思われることもあるかと思います。しかし、それは病院や医者が悪いのではなく、”西洋医学”という学問の考え方が絡んでくるのです。

西洋医学では、病気や痛みといった症状の原因を検査して特定し、薬を使って対応します。

しかし、仮に最初の検査の段階で異常の原因を発見できなければ、どうすることもできません。とりあえず薬で痛みを止めるという”その場しのぎ”しかできないのです。

異常が発見できない痛みをどうにかしてくれと言われて、痛みどめを出すという対応は、医療機関としては”最善解”となるのです。

接骨院と医療機関の根本的な違いとは?|長岡市 すがわら接骨院

病院・整形外科といった医療機関は”西洋医学”をベースとして発展してきた分野です。その一方、接骨院は”東洋医学”をベースにして発展してきた分野なのです。東洋医学は、身体を一人一人、人間の手によって全体的に把握し、痛みや不調の原因を探り当てていきます。

科学的視点からみると「根拠はあるのか?」と、思われるかもしれません。しかし、健全な身体と、不調のある身体を比較することで、症状の根本原因を突き止めることが可能なのです。医療機関で対応することのできない、むちうち症の痛みを根本から解消できるのは、この東洋医学に基づいた接骨院だけです。

ただ、西洋医学と東洋医学は矛盾することなく両立する分野です。例えば、痛みの激しいむちうち症を治療する場合、痛みどめを使いながら接骨院で治療を行えば、身体への負担を軽減することができます。西洋・東洋の”いいとこどり”をした治療は合理的なのです。

むちうち症は当院にお任せください|長岡市 すがわら接骨院

当院は、数々の患者様のむちうち症を根本治療してきた実績があります。交通事故で受けたケガの治療から、手続きのサポートまで精通しているスタッフが、心をこめて患者様をサポートいたします。

原因不明の痛みや体調不良にお悩みの方は、ぜひ一度、当院にてお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

すがわら接骨院

アクセスマップ

LINE

受付時間

住所
〒940-0035 新潟県長岡市東神田2-8-9
アクセス
長岡駅から車で5分。駐車場完備。