受付時間

施術の流れ

交通事故の衝撃とは?|すがわら接骨院

交通事故の衝撃はどれくらいになるのでしょうか。

時速40キロの衝撃力と時速60キロの衝撃力がどのくらい違うのかを比較します。

・時速40キロの衝撃力

時速40キロで走行する車が壁に衝突する際の衝撃力は、6メートルの高さから落とした車が地面に衝突するときに受ける衝撃力にほぼ等しくなるとされています。

建物の1階床の高さと2階の床の高さの差は、約3メートルと言われています。階が1つ上がると、床の高さは3メートル増えるのです。ゆえに、地上からの高さが6メートルであれば、ビルの高さ2階分に相当します。

以上より、時速40キロで走行する車が壁に衝突したときの衝撃は、2階建てのビルから車を落下させ地面に衝突させたときの衝撃とほぼ等しくなるのです。

・時速60キロの衝撃力

自動車の走行速度が時速60キロになった場合の衝撃力はどうなるでしょうか。

これは、高さ14メートルから落下するときの衝撃とほぼ同じになるとされています。14メートルは、5階建てのビルの屋上よりやや低い程度です。かなりの高さだと分かると思います。衝撃がかなり大きいことも想像できます。

ここで注目していただきたいのは、時速40キロと時速60キロでは、速度は1.5倍しか変化していないのに、高さは6メートルから14メートルへと倍以上も大きくなっていることです。

スピードが出ていれば出ているほど、大きな事故になるのが分かります

交通事故の施術とは?|すがわら接骨院

長岡市のすがわら接骨院の交通事故治療で、まず重要視している点は全身の骨格、つまり、骨のズレを整えることです。自律神経に何らかの問題が起きている場合は、痛みが出ている箇所だけでなく、まず骨のズレを正し、身体を正しい状態に戻してから治療することがベストと考えているためでございます。

長岡市のすがわら接骨院は、交通事故治療を得意としております

交通事故後にむち打ち症に悩んでいる方、後遺症を予防したいという方は、ぜひ長岡市すがわら接骨院に起こし下さい。

交通事故に遭われた方へ|すがわら接骨院

交通事故の衝撃というのは思っている以上に強く、日常生活ではまず体験することのないような衝撃です。痛みが出ているのに放っておくと取り返しのつかない後遺症を招いてしまったりするので注意が必要です。

交通事故に逢ってから治療をしていないと

「交通事故からしばらく経って、頭痛や吐き気に悩んでいる」

「事故に逢ってから体が重くてだるい…」

という状態になってしまいますので、事故に遭われたらすぐに当院にご連絡をされるといいと思います。

長岡市のすがわら接骨院は、患者様お一人お一人に合った治療を行い、後遺症が残らないよう「むち打ち症」を根本から徹底的に改善します。長岡市すがわら接骨院で国家資格及び海外の資格を複数持つプロフェッショナルが治療をしておりますので、交通事故に遭われた方は、お気軽にご相談ください

お問い合わせ

すがわら接骨院

アクセスマップ

LINE

受付時間

住所
〒940-0035 新潟県長岡市東神田2-8-9
アクセス
長岡駅から車で5分。駐車場完備。