受付時間

交通事故に遭ったら

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 事故から何日か経ってから体調が悪くなってきた
  • 事故をして以来、めまいと頭痛がひどい
  • 整形外科で診断してもらったが、異常は見つからないと言われた
  • 激しい痛みで寝返りすらできず、睡眠不足に・・
  • むちうちを根本的に治したい

交通事故はすぐに病院へ|長岡市 すがわら接骨院

交通事故を起こすと、警察への連絡、保険会社との交渉などの対応に時間をとられてしまい、精神的にも疲れてしまいます。特に冬の山間部で事故を起こすと、積雪の影響で事故の処理に半日以上かかってしまうことも・・。

そういった、緊急事態に遭遇すると、脳は興奮状態となり、アドレナリンを大量に放出します。

そのため、痛みを感じにくくなるので、事故の衝撃で負ったケガに気づかず、病院に行くのが遅くなってしまう傾向があります。

治療が遅れると、痛みだけでなく、手足のしびれ、頭痛、不眠、冷えといった幅広い症状があらわれてくることがあります。事故を起こしたら、痛みが無くても、ただちに病院や整形外科に行って、検査を受けるようにしましょう。

本当に怖いむちうちの後遺症|長岡市 すがわら接骨院

むちうちは、首にある”頸椎”が衝撃を受けて捻挫することによって痛みが起こる症状です。頸椎が歪むことで、その周りにある筋肉が硬直状態になり、しだいに背骨、骨盤と歪みがひろがっていきます。そのまま放置すると、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛・・・と、進展していく可能性があります。

さらに悪化が進むと、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気といった、自律神経に関連する症状まで加わり、腰痛、脚のしびれ、歩行障害、排尿障害まで引き起こされ、著しく生活の質が低下してしまいます。

そうなってしまうと、仕事はおろか、家事や趣味を楽しむことも難しくなります。とにかく、むちうちは早期治療が重要なのです。

交通事故直後のおさえておきたい行動3選|長岡市 すがわら接骨院

交通事故直後は、ほとんどの人がパニック状態になり、冷静さを失ってしまう場合が多いでしょう。後に引きずるトラブルを起こさないためにも、以下の3つのポイントを覚えておくと良いでしょう。

ポイント1 すみやかに警察に連絡しましょう

対人・対物・自損・・・と、事故の種類がどのようなものであれ、必ず警察に連絡する必要があります。相手がいる事故の場合、当事者同士で解決しようとせず、警察に公正な判断を下してもらいましょう。

保険の手続きをする際は”交通事故証明”が必要となります。後に補償を受ける場合、警察の手助けが必須となるのです。

また、示談や治療費に関する交渉も、当事者同士が事故現場で行ってはいけません。トラブルの原因となるので、保険会社の専門家を通して交渉しましょう。

ポイント2 加害者の情報収集をしましょう

あなたが加害者になってしまった場合、後に保険会社とのやりとりがスムーズにできるよう、被害者側の免許証、ナンバープレートをカメラで撮影しておきましょう。そして、相手の連絡先、勤務先、保険会社といった情報をメモしておくとベストです。

ポイント3 目撃情報も集めましょう

周囲に目撃者がいた場合、証言や動画、写真を提供してもらうことも重要です。

以後、示談交渉をする際、過失割合を有利にする素材となる場合があります。

お問い合わせ

すがわら接骨院

アクセスマップ

LINE

受付時間

住所
〒940-0035 新潟県長岡市東神田2-8-9
アクセス
長岡駅から車で5分。駐車場完備。